最近、室内で犬を飼い始めた。


でも、部屋が犬臭くて、なんだか犬の体臭か、おしっこの臭いか、ウンチの匂いなどが立ち込めて臭い。


そんな悩みをもつあなたのために、書いています。


今回は、室内犬を飼う上での臭い対策を考えていきますね。

おしっこ臭い部分の消臭には、クエン酸や重曹スプレーを使う



室内で飼っていて、ケージなどのいろんな部分が、おしっこ臭い。


特に子犬の場合、まだトイレトレーニングが不十分です。


ですので、トイレシート以外の部分で、おしっこをしてしまいがちです。

それで、おしっこ臭くなった部分には、自作のスプレーをかけて臭いを消しましょう。

なぜ自作なのか?



費用が激安だから


犬の健康に影響がない安心なものだからです。

おすすめは、クエン酸、もしくは重曹を空のスプレーに入れて、水を溶かして作るもの。



それをおしっこ臭い部分に吹きかけて、乾拭きします。



犬がなめても全く問題ありませんのでご安心くださいね。

犬の体臭が臭すぎるなら、ご飯の見直しを検討する



なんか、洗っても変な体臭がするな〜っていう場合。

まず獣医に見せて診断を受けましょう。

ついでに、犬のご飯の質の見直しも必須ですね。



人間と同様に、変な質の悪いジャンキーなものを食べていると体調を崩します。


その結果、体臭が変な匂いがしている可能性もあるんです。



ですので、高いものでなくていいので犬のご飯を見直してあげてくださいね。

もしくは、普段のご飯にプラスして犬用のサプリメントを食べさせるとか。

>>>ちなみに私がおすすめしているのはこちらです。


シャンプーは月に2回まで。蒸しタオルでふいてあげるのもOK



シャンプーは毎日すると、犬の皮膚が乾燥しすぎて、逆によくありません。


ですので、シャンプーするなら、月に2回までです。



それでも、なんとか汚れを落としてあげたりしたい!


そういう場合は、蒸しタオルで身体をふいてあげてくださいね。

すぐに臭いを消したいなら空気清浄機ではなく脱臭機で



とにかくすぐに犬くさい臭いを消したい!


そういう方には、空気清浄機ではなく、脱臭機という臭いをごっそり取れる家電があるので買ってみましょう。

ただ、臭いの元を取らなければ根本的な解決にはなりませんね。